設立趣旨

SIPヒューマン・インタラクション基盤技術開発プロジェクトの成果を社会実装し普及促進する

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期、「ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」において「人工知能と融合する認知的インタラクション支援技術による業務訓練・支援システムの研究開発」を推進しております。

本プロジェクトではスタッフのトレーニング、タスク支援および心理的支援を実施するための技術開発を行い、労働意欲が向上し生産効率が上がる業務訓練・支援手法の開発により、特にサービス産業の生産性の向上を目指しています。このたびプロジェクトの成果の社会実装を目指したオープンイノベーション活動として、開発企業およびユーザー企業にご参画いただくためヒューマン・インタラクション基盤技術コンソーシアム(略称HIコンソ)を設置することにしました。

ヒューマン・インタラクション
基盤技術コンソーシアム
事務局 : 産業技術総合研究所 / 一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
統括責任者 : 持丸正明(産業技術総合研究所)

ヒューマン・インタラクション基盤技術コンソーシアムのイメージ図

コンソーシアム加入のメリット

情報発信
  • SIPサイバー空間 ヒューマン・インタラクション基盤技術の研究成果に関する情報発信(Webサイト、ニュースレター、シンポジウム等)
  • ヒューマン・インタラクション基盤技術の成果物(センシングツール、トレーニングツール)のライセンシングに関する情報が得られる
オープンイノベーションプラットホーム構築
  • それぞれのコンソーシアムで収集、蓄積するヒューマン・インタラクションに関するデータの共有化を図るデジタル情報基盤の構築
  • コンソーシアム間でのデータの共有
  • コンソーシアム外へのデータ提供
  • データ活用の事例となるサンプルアプリケーションの整備と公開
ユーザ機関との連携
  • ヒューマン・インタラクション基盤技術の研究成果の活用を希望する機関(企業、大学等)との連携
  • 実証フィールドの受入と、実証実験の推進
  • ユーザニーズの獲得
標準化活動
  • ビジネスモデル事例の整理と情報共有
  • ヒューマン・インタラクション基盤技術の成果物(センシングツール、トレーニングツール)のユーザガイドラインの作成
  • ヒューマン・インタラクション基盤技術に基づく市場形成に向けた国際標準化戦略の立案、標準化活動の組織的支援

事業内容

  • ヒューマン・インタラクション基盤技術に関連した情報交換
  • ヒューマン・インタラクション基盤技術に関連した情報収集と提供
  • その他、本コンソーシアムの目的に必要な事業
    ※ 産業技術総合研究所 コンソ規程に従い運営会則を定める(目的・・情報の取扱い等)
    ※ 今年度は会費無料、来年度も無料予定
    ※ 部会・分科会・委員会を設置
    案)社会基盤部会(ガイドラインや国際標準分科会)、ビジネス部会等

会長 持丸 正明(サブプログラム ディレクター/産業技術総合研究所 人間拡張研究センター長)
副会長 佐藤 洋(SIPプロジェクトリーダー/産業技術総合研究所 人間情報研究部門 研究部門長)
場所
(SIP実施場所)
  • 産業技術総合研究所 つくば第六事業所6-11棟
  • 産業技術総合研究所 柏センター人間拡張研究センター
  • 東京大学本郷キャンパス XRセンター
事務局 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 / 一般財団法人 デジタルコンテンツ協会
問合せ ヒューマン・インタラクション基盤技術コンソーシアム(HIコンソ)事務局
E-mail: hi-conso@ml.dcaj.or.jp